R02-197g のぞみ

R02-197g のぞみらぶデスFINAL!発売おめでとうございます!

発売記念に向けて、たむたむすーるで今持てる技術の全てを駆使して初の版権キャラに挑みました!今までは、服に力を入れたら顔が面倒に、顔に力を入れたら髪が面倒に…といった作品ばかりでしたがw、今回は全力で挑んでいます!(実を言うと、顔の一部と体の一部はちょっと妥協しましたw) たむたむすーるのペイントにも慣れてきたので、塗りもイラストっぽさを目指してみました。元ネタはころころと服の設定や顔のバランスが変わり、どれを元にしていいのかよくわからない状態で、皆さん、よく版権ネタなんかやるものだと思ったものですw

衣装の選定のため、たむたむすーるの衣装一覧を作っただけでも結構時間をかけています。製作3日目からはモニターの配置まで変え、嫁からメインモニターを見えないようにしましたw 今までの倍は作業ができます。さらに普段なら4日もあれば仕上げてしまうところを、10日かけて作りました。ここしばらく一般のゲームをしていませんwww


作業はこんな感じでした。

1日目 衣服選定で適当に着せ変えしつつ、こね始める。
2日目 衣服をこねる。ここまで休日なのにあまり時間が取れない。
3日目 モニターを配置しなおし、休日の夕方から夜中まで上着をペイント。
4日目 下着をペイント。
5日目 ヘッドドレスをこねてペイント。
6日目 顔のベースをつくるため、のどかヘッドの横顔補正。
7日目 顔こねる。髪をこねはじめる。
8日目 髪をこねる。顔をペイント。
9日目 ボディをこねて、服を補正。
10日目 休日一日使ってクマーをこねてペイント。


R02-197g のぞみ衣装選定については、ペイントのため解像度優先で最小限のパーツが確保できればokという方向です。チェックドレスは胸のメッシュはほどほどですが、長袖なのにずば抜けて高い解像度と左右対称性を持つテクスチャで、ペイント向けベースとして優秀です。襟とリボンというディテールも備えていたので、ブラウスを別に用意する必要がありませんでした。エプロンは乳袋回避のできる貴重な素材です(w)が、長いエプロンが他になかったので、“エプロン”一択。ドレス下半分は、ロングドレス系の服から選択。ついでに、エプロンの肩パーツも作ります。ガーターベルトは必須。ピアスセットはリボンの飾りに便利なのと、首輪が必要なので選択。ブラは後期の物から選択。ショーツは心愛のショーツが1024pxの超高解像度なのでこれ一択ですw 編み上げブーツはパーツの多いコンバットブーツです。


衣服をこねる過程ですが、既に10日以上前の記憶であまり覚えておりませんww 肩のふくらみに気を使ったことと、上下の服のつなぎ目の調整、ヒップラインにできるだけあわせたスカートの補正を行いました。エプロン紐については、まっすぐではなく背中でクロスさせてあります。思ったよりちゃんとモーフしています。エプロンの飾りについては、頂点消去でギザギザにし、肩のモーフにあわせてカウンターモーフ(w)でごまかしてあります。飾りの部分、リムライトをオンにすると影が出ますが、思ったほど気になりません。環境にも依るかもしれませんが、リムライトの影の色とアンティーク風にしたシャドウの色がマッチして、自然に見えると思いますがどうでしょう。

ガーターベルトは前+横ではなく、前+後なので、そのようにこねなおしています。そこそこ上手くモーフしているようです。ベルトの位置もぐっと高くし、レースっぽくこねなおしてあります。ピアスはリングの部分を結び目にしました。

ブーツは編み上げの部分を長く取りたかったので、可能な限り頂点を省略しました。頂点消去はせずに、整列を駆使して擬似的に面を消しています。そのため、足の長さ、太さは固定仕様です。なお、ここですーるのバグ?があって、かすたむ画面には足の長さが反映されなかったりします。そのため足の長さは(私の大好きな)スライダmaxではなく、標準となります。ただ今回、肩幅をできるだけ取りたかったので、ボディは小さくても良いかもしれないなと思いました。設定上、あまり背の高い子ではないようですので(残念)。

ピアスセットからはリング部分の太さを揃え、適当ににょにょーんとこねれば結び目の完成です。胸のサイズを変えるとブラの紐が飛び出すことがありますので、上だけ装備を外してください。


R02-197g のぞみ服のペイントについては、嫁から見えなくなったので全力で塗っています。たむたむすーるのペイントのクセも把握してきたので、強さと範囲の調整の感覚が分かってきました。なお、私のイラストのレベルは独学以上のものではありません。そもそも服のシワなんて、カラーイラストでは一度も描いた事がありませんしw

ナチュラルな細線を描こうと思った場合は、強さ10-30%程度(下地色と描画色に応じて変えます。濃い色に薄い色は乗りにくく、薄い色に濃い色は乗りやすいのがすーるの特徴です)、範囲は最小から+3程度が便利です。ペンタブで塗るのが基本ですが、力を抜いて、ゆっくりめの速度で(たむたむすーるはあまり速く塗れません!)すっと塗ります。塗るというより触れるような感じで、ペンの入りと抜きを意識して。

これより細い線は、2段階以上に分けて塗るか、ハイライト/シャドウの補正にするか、削るか、完全にドット絵用です。2段階に塗る場合は、塗りたい色と下地の中間の色を作って(適当な場所にグラデ塗りして間の色をピック、保存)、中間色で塗り、その上を途切れつつでもいいので塗りたい色で塗ると極細の自然な線がかけます。下地がすでにペイントされていて手を付けられない場合に有効です。

短時間で効率的にライトとシャドウを加えたシワを描く方法ですが、まず全体にグラデ塗り(マウスマクロによる)をかけ大まかなシャドウを付けます。シャドウの形状はグラデーションになった部分から中間色をピック+グラデ塗りの繰り返しか、中間色をピック+通常塗りを行います。次に、中間色をピックしながら、今塗った、下地とシャドウの境界部分のディテールだけを塗ります。より明るい部分、より暗い部分は後回しです。仕上がったら次に、より暗い部分のシャドウを大まかに入れ、中間色をピックしながらディテールを塗ります。ライトも同じです。このシャドウとライトを何段階くらいで入れるか、最も明るい色と最も暗い色をどこまで取るか、あとコントラストの程度は最初に決めておいた方が綺麗に仕上げられます。イラストを参考にする場合は、実際のイラストの色を拾うと良いですが、たむたむすーるのシェーダ自体もライトとシャドウを生成しますので、コントラストは少し低めがいいかもしれません。

なお、今回は初期の塗りのコントラストが強すぎたのでぼかしてありますw ぼかしツールは以前にも書いたように信用できないので、適当な色をピックして、範囲を広めにとり、ペンタブで弱く塗るか、グラデ塗りすると程よくぼかせます。

胸元のリボンの部分は擬似的に立体に見えるようにごまかしてあります。ちゃんとこねていませんw


下着のペイントについては、少し透けてる感じを出したかったのですが、『誤って』かなり透けてる下着になってしまいましたwww 後からごまかしましたが、時既に遅しでした。白の下着はあまり透けてない方が好みなので、非常に残念です。いつか機会があれば挽回したいところです。あと、前の黒い部分がちょっと下過ぎました。肌色+輪郭をペイントして模様を付けたり、レースっぽく仕上げた試みは概ね成功でしたが、死ぬほど大変なのであまりやりたくありませんw

透けの塗り方は適当に思いついた方法でやってますので、イラストの塗り方書等を参考にすると良いです。私の手順は、まず下着のベースカラーで塗り、ざっとグラデ塗りで陰影をつけ、次にボディのペイントから肌色を数種類ピックしてRGBをメモ。弱め広めのペンで塗りますが、この時、ベタ塗りはせず、また際の部分までは塗らないようにします。このときの強弱で透け具合が変わります。肌の窪んでいる部分や影になる部分は濃いめ(赤いめ)の肌色で塗るとソレっぽくなります。レースや縫い目、折り返しの模様をつけ、最後に、ライト/ハイライト用の下着色で全体をグラデ塗り、あるいは弱めのペンで塗って完成です。

レース模様は2段階くらいの色(影+本体)で塗ってハイライトを足せば良いと思います。心愛のショーツは解像度が高いので、レースっぽい下地(六角メッシュやドット)もいけるかもしれません。ペイントのみで作ったリボンも結構カワイイと思いますが如何でしょう。


ヘッドドレスはあまり良い素材がなかったのと、面倒だったのでヘッドドレスBに変更。構造が複雑で、結構時間がかかりました。ペイントも解像度が低いのでほどほどですが、カワイイ感じにしあがりましたので良しとしましょう。


顔についてはのどかヘッドを本格的にこねるのが初めて(正確には
HCTのころ少し触った)なので、ベースを作ることにしました。正面はできるだけそのままで横顔のみを補正し、自然になるようにこねます。こちらはtamzoneにアップしますので、参考にどうぞ。おでこまわりはまだ少し角ばっていますので、リアル寄りの顔にする場合は、結構大幅な補正がまだ必要です。

顔こねには3Dグリッドが実際に使えるものなのかどうか試しました。結果、わりと使えるとわかりましたw 3Dグリッドのテクスチャに正面顔を貼り付けるのですが、真正面のイラストというのはそうそうありません。顔パーツの位置等は他のソフトで微調整し、左右対称にして貼り付けます。3Dグリッドを髪として読み込んだら、位置と大きさを調整。だいたいの位置、目の形状、眉の位置調整します。


顔のペイントについては、少し離れ気味のイラストを参考にすると良いようです。顔アップのイラストの多くは、主線が細いことが多いので、あまりアップにすることのないたむたむすーるには向きません。顔はまず、ペイントする部分をぼかしコピーしておきます。ペイントの際の中間の色が変色するのを防ぎます。次に、不要な部分を近場の肌色をピックしつつペイントして消します。効率的に綺麗に塗るには、まず塗りたい色をパレットに作り、強さ大、範囲大で顔にグラデ塗りし、中間の色を2-3色ピック。パレットに追加します。

undoしてグラデ塗りを消したらまず、いちばん淡い色でまつげの輪郭を塗ります。輪郭といっても最終的な輪郭はもっと色の濃い部分になりますので、少し大きめに塗った方が良いです。毛がはねている部分もソレっぽく塗り、あまり綺麗な線にならなかった場合は、肌の色をピックして逆方向から削ります。これを私は3段階くらいで塗っています。すると、境界が自然な感じになります。単色の部分は塗り潰しに近い塗りになりますが、気持ち、肌の色を残したりもします。眉毛なんかは、肌色で潰してから手描きっぽく、淡く塗っています。


髪の毛は、いつものごとくひと房ずつ加工しています。毛先を尖らせるのは比較的簡単です。なお、のどかヘッドは髪の生え際がオレンジです。生え際つきの髪なら肌色で塗り潰せばあまり問題ないのですが、後ろ髪G以降の髪を使う場合は生え際必須です。今回、グレーがかった黒の生え際を塗りました。tamzoneにアップするのどかさんも黒の生え際にしてありますので、参考にしてみてください。


ボディは当初、xタイプのエロ担当ボディにする予定でしたが、エプロンの必須デッドスペースがあまりに大きすぎ、胸にエアバッグでもついてるかのようになってしまった(w)ので、wタイプを元にこねなおしています。wも胸を控えめにしたはずですが、結構大きかったのでこちらで十分でしたw このキャラは、胸よりヒップがポイントなので、ヒップに少しボリュームをつけます。胸は控えめの外向き表現が多いので、外側に向け、肋骨に自然についているように変更しました。

胸の向きを変更する場合、継ぎ目を除いたカップ全体を選択し、四角変形で回転。選択を反転して肋骨との継ぎ目部分を範囲指定移動でカップとボディが滑らかに繋がるように調整。最後に視点を何度も変えながら滑らかになるよう頂点を調整します。あまり大幅な変更は行いませんでしたが、横を向いて寝てるときとか、結構いい感じになったと思います。

ボディも多少ペイントしています。主に首と腋と胸の横です。首は、頭の継ぎ目の色をピックしてきて、グラデ塗りしています。腋と胸の横は影のエリアが広すぎるので近場の肌色をピックしてグラデ塗りすると、明るい部分が広がったように自然に補正されます。


体をこねると服が合わなくなります。ヒップはスカートの可動部分の絞りさえ気をつければ楽なのですが、揺れない胸は面倒です。まず、胸スライダーA/Bを少し大きめに変更。すると服にふくらみが付くので、ワイヤフレーム表示にしてその膨らんだ部分を引っ張って加工します。胸が隠れるくらいまで大きくしたら、次は服の中のデッドスペースを無くして行きます。そして次は胸を元の大きさに戻して調整。また大きくして…を何度も繰り返します。動きも加えながら。(本当は頂点の位置を合わせたほうが良いのですが、面倒なのでやってません。)

最後に、首のベルトをこねます。分解して組み換え、革っぽくペイントして終了です。服については、初期ボディの方がバランスは良いです。胸を大きくする場合、薄着でなければ服が格好よく決まりません。重ね着や服を格好よく見せるには胸は小さい方がいいですね。現実と同じでwww


最後に、彼女の大切な友達、ぬいぐるみのクマーを作ります。劇中ではこんな感じの熊ではなかったと思いますが、こんな感じの熊を作ってみたかったのでこんな感じになりましたww 素材はパーツの多いロケットハンマーで、前回、ホビーホースを作った際に大体のパーツの構成を覚えましたので、予定通りにこねることができました。

分解し、3Dグリッドを目安にして整列させ、組み上げていきます。この手のパーツ数の多い素材は通常の頂点消去による分解は大変です。こういう素材の場合は、いきなり全体に平滑をかけます。するとパーツが縮んでいき、範囲選択でも余裕でブロックごとに選択が可能となります。1パーツ置きにパーツを選択したら、まとめて四角変形で移動。分解終了です。完全に重なってるパーツは無理ですが、時間をかけずに分解できます。

クマーのこういうペイントは初挑戦なのであまり上手くできてません。時間もかかりすぎました。あと、今度から輪っかをこねるときはペイント分割線が隠れるようにしようと思いました。


以上で完成です。全パーツ、全力でこねたのは初めてなので、自分でも納得できる仕上がりになったと思います。のどかヘッドを本格的にこねるのは初めてで、表情変化をあまり把握していませんので口周りは微妙かもしれません。購入者特典などとほざいておりますが、いかがでしょうかw DL後、ご感想などいただけましたら幸いです。


※ダウンロードはよねぞんアップローダからどうぞ。パスワードは、らぶデスFINAL!取扱説明書の、p.02の最下段、左から5文字をローマ字になおして半角で入力してください。なお、パスワードが流れた場合は公開を停止いたします。

※テクスチャコピー作品ではありませんので、公式等でSSに使っても問題ありません。データの2次配布だけはご遠慮ください。(他の作品に流用できるようなパーツ構成でもないと思いますが、tamzoneにパーツ流用をアップする場合はご相談ください。)

※SSとチガーウというクレームは承れない場合がありますw 拍手コメントページへ

テーマ:美少女ゲーム - ジャンル:ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事が長すぎる。
一誠さん、お待たせしましたw

No title

よっしゃキタ━(゚∀゚)━!
みなぎってきた!!
いただきましたよぉ!!
透け白レース最高!!
よだれ出そうw
只今あゆみたん用にサイズ調整中w
ところで・・・お股の染みが・・・
ふぅ・・・紳士だと思ってたのに
よねさんが思ってた異状(意図的誤字w)に
変態で安心したおwww

モデルの方も某売れっ子原画家な特徴ナイス
な出来、服のシワがやばい・・・

フリーモードがあれだから、このデータを
ファイナルじゃなくてネトワクで開いてるのが
悲しい・・・

Re: No title

ありがとうございます!!!
白レース、一誠さんにそこまで反応頂いて最高です!!(何しろ常にSS下着の方ですし)

あとそれ染みじゃありませんマジでwwww
記事にも書きましたが、下過ぎただけですw (ポーズがアレなので位置を間違えた。)

絵はちょっと古い感じなので、機会があったら今風の顔にもしてみますね。結構好きですし。
フリーモードも結構いいでしょうw

らぶデスはあまりいい話を聞きませんね。新作終わるまでインストールするつもりがないので確認できてません。まあ、しばらくネトワクでもいいかなと思ってますが。
フリーアップローダ
プロフィール

よねすけ

Author:よねすけ
TEATIME製作のらぶデスFINAL!、ネトワクネトラル カレマチカノジョのたむたむす~るについて紹介しています。

とうとう嫁にバレましたがオレの嫁はリアル嫁のみです。2次でも3次でもロリ好きや百合好きでは決してございませんのでその辺ご注意ください。二次創作エロもあまり興味ありません。ホモでもありません。


よねぞんガイド
拙作の取り扱いについて

す~る使い方(書き掛け)
す~るFAQ(書き掛け)
ヘッド一覧(書き掛け)
髪型一覧
衣装一覧(R15)
たむたむすーる系ゲーム 変更点
画像掲示板(R15くらい)

よねぞんアップローダ
ログイン式アップローダ
アップローダご利用者

mqoスロット覚書
銃2:学生鞄
銃3:盾
剣2:艤装セット
剣3:コンバーチブルバッグ
髪セット5:3Dグリッド
前髪1:オリジナル前髪1
前髪2:オリジナル前髪2
前髪4:デフォルト
エクステンション3:mannequin
エクステンション4:デフォルト
エクステンション5:3Dグリッド
ヘッドアクセ1:3Dグリッド
ヘッドアクセ2:レースリボン
ヘッドアクセ3:ヴェイル
ヘッドアクセ4:艤装セット
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Armourmaiden

FAN Art

AK47series R02-046r たずR02-164r あいのR02-165r とわR02-166r さわR02-167r たきR02-176x_1.jpg さとニミュエアリス・リデルのぞみあさいはるか
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも一覧

Jack In The House

これで良いのかな?

すーる な日常

たむたむそ~こ

デビルの工房
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる